お大事に....ブルースちゃん!



クロちゃんのお友達...
「ブルースちゃん」
o0448029911405759042.jpg



ブルースちゃんのブログを覗いたら....
なんと!

可哀相なオメメに   

「ものもらい」....ですか?
プールで遊んだ後..オメメ洗わなかったな?

o0448029911433057534.jpg

手術はしなくても大丈夫だそうですが....
「頑張れ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


クリックお願いします!

ワンチャンのマイボーム腺炎(ものもらい)とは?

瞼の先端からまつ毛が生えていますが、
まつ毛をはさんで表と裏に油脂を分泌する腺があり、
これをマイボーム腺といいます。
この分泌液によって瞼の開閉の滑りをよくしています。
このマイボーム腺に炎症が起きる病気が、
マイボーム腺炎(ものもらい)です。

原因
マイボーム腺に細菌感染が起きて炎症を起こします。
1ヶ所のマイボーム腺で起きる場合もありますが、
複数のマイボーム腺が同時に炎症を起こす場合が多いです。
片目に出ることもあれば、両側同時に起きることもあります。
ニキビとよく似た現象です。
人ではものもらいと呼ばれ、
通常犬から犬へは伝搬しません。
免疫力の弱い若齢時に発生する事が比較的多いです。
アレルギー体質の犬は出やすいと思います。

症状
瞼の淵が赤く腫れ上がります。
二次的に目が開けづらくなったり、
目脂や涙が多くなります。
痒みを伴う事も多く、
手でこすったり瞼の部分を床などにこすりつけたりすると
角膜に傷が入る場合もあります。

治療
抗生剤の投与。
瞼の疾患なので目薬よりも内服薬がメインになります。
ひっかく場合はエリザベスカラーを装着。
痒み、腫れが酷い場合はステロイドも併用されます。

2011/08/26 05:44 | 日記COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |