AmeriBagが体に優しいのは......

MT_Bags_Comp_HR_convert_20091026182251.jpg

ショルダーバッグを使っていて肩にずっしりと重さを感じたことは多いはず。


Melin T Autumn 08


そのような問題を解決するために1989年創業のアメリカのニューヨークにあるアメリバッグ社は外科医とカイロプラティックの専門家チームを作り開発したのが、この涙の形をしたヘルシーバッグです。

この涙型は人間工学的に重さをバッグのラインに沿った全体にかけることにより、肩一ヶ所に重さをかけないように配慮されています

肩にかけても、あるいは背中全体にかける斜めがけをしても、バッグは体から離れずに、むしろ体の線にに沿ってくれます。
また、ヘルシーバッグには固い素材を使っていませんから、どんな形の背中にもフィットします。背中との接触点が多ければ多いほど、バッグは軽く感じられます。
バッグと使用者とが一体化するような感触が得られます。

もう一つの特徴がベルトの裏に付けられた滑り止めです。

LS7103-CH(1).jpg


ショルダーバッグを使っているとずり落ちるため、背中肩を上下にして調整していると思いますが、そのような肩の動作をする必要がなく、大変楽です。
また背中に斜めがけにかけた場合には両手を使うことができ正しい姿勢で歩けるようになります。






沢山のポケットでコンパクトな収納

          inside-of-bag_1.jpg  inside-of-bag.jpg

外側に4個、内側に6個のポケットのほか鍵束をつけられるフック、バグレットを下げるリングがつけられるリングがついていて、コンパクトで整理された収納ができます。その都度どこに何がしまってあるのか簡単にわかります。また内側のポケットは手を入れやすい角度がつけられていて、なおかつ深さがそれぞれ違っていて、荷物の重さがすべてバッグの底にたまることがないようデザインされています。

安全上の問題は?

リュックと違ってヘルシーバッグの口部分のファスナーはショルダーに掛けた場合でも、必ず体の内側に沿うようにできています。またダブルファスナーを用いていますから、ファスナーの取っ手部分をバッグの一番底部分にいつもしておくように習慣ずけておけばなおさら安全です。
また、斜めがけの場合でもバッグを肩から外すことなく、前に回して、ファスナーを必要におおじただけ開くことができます。

何はともあれ、是非一度使ってみてください
体に優しい...ということを実感して頂けると思います。

今月のてんとう虫に広告が掲載されました.....


ブログランキングに参加しました。



2009/10/26 18:53 | 商品COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |